ロングブレスダイエット方法

ロングブレスという呼吸法が体にいい理由とは?

ロングブレスダイエット 呼吸

 

ロングブレスという呼吸法は、 3秒間かけてゆっくり鼻から息を吸い、また3秒間かけて一気に口から息を吐きます。

 

そして、残りの息を4秒間かけて吐き続けるという呼吸法です。

 

そんなロングブレスによる深くて長い呼吸は、高齢の方よりも若い人の方が肺活量が多いので、体の中に新鮮な空気をたくさん取り入れることができ、そして、よどんだ空気を一気に吐き出すことができます。

 

そのために、体の新陳代謝も良くなり、お腹周りを中心としたインナーマッスルを鍛えることができるので、体の中に摂取したエネルギーや余分な脂肪などを効率よく消費したり燃焼したりすることができ、その結果、太りにくい体質へと変化することができるのです。

 

 

ちなみに、このロングブレスによる呼吸法は、睡眠とも大きく関わっています。

 

それは、私たち人間は、起きている時と寝ているときでは、明らかに寝ているときの方がリラックスしているので、自然と深い呼吸ができています。

 

つまり、寝ている時は、新鮮な空気が体の隅々まで行き届き、体の新陳代謝を高めているとともに、全身がまるで呼吸によってマッサージされているような状態にあるのです。

 

そんな睡眠時の状態をロングブレスによる呼吸法によって、意識的にその状態を作り出すことができます。

 

 

また、ロングブレスによる呼吸法は、体温を上昇させ、血液やリンパの流れもよくなりますので、自然と自律神経が刺激されて、体の冷えや便秘解消などにも効果があります。

 

さらに、その呼吸法は普段ではあまり使わない顔周辺の筋肉なども活発に使いますから、小顔効果とシワ予防なども期待できるでしょう。

 

とにかく、ロングブレスダイエットの1番のポイントは、毎日少しずつでもいいですから、長く続けることが大切です。

 

その結果として、ダイエットで体重が減少するだけでなく、姿勢や歩き方も良くなりますので、見た目にも若々しい体を作り上げることも決して無理なことではありません。

 

そんな簡単で、誰にでもできるロングブレスの正しい呼吸法を、まずはしっかりとマスターしましょう。

 

ロングブレスダイエット 呼吸法

 

ロングブレスダイエットの基本となる呼吸法は、 3秒間で鼻から一気に息を吸って、次に3秒間で口から一気に息を吐き、残った息を吐き出したその状態のまま4秒間キープするというのが呼吸法の基本です。

 

しかし、意外と簡単に思えるロングブレスの呼吸法ですが、実際にやってみると正しい姿勢と呼吸が同時にできていなかったりして、慣れるまでは難しいと感じるかもしれません。

 

でも、最初に正しい姿勢と呼吸法をしっかり身につければ、ダイエット効果はもとより、腰痛改善や便秘解消、小顔、ウエストのくびれ、ヒップアップなどの様々な効果が実感できると思います。