ロングブレスダイエット方法

ロングブレスダイエット方法の基本のやり方をマスターしましょう!

ロングブレスダイエット やり方

 

基本のロングブレス方法(その1)

 

1.まず最初に、背筋を真っ直ぐ伸ばしながら顔を正面に向け、その場に両足のかかとを揃えて立ちます。

 

2.次に、お尻の筋肉に力を入れて、お尻がキュッと締まって固くなっていることを両手で触って確認しながら、左足を一歩前に出します。

 

3.そして、体の重心を右足の後ろ足に9割、左足の前足に1割の比率で体全体を後にやや倒すようにして体をそらします。この時、背中と両足の間の中心が1直線になるように背筋を伸ばします。

 

4.その姿勢のまま、両腕を前方から真上に振り上げて頭上で手のひらを重ねる3秒間の間に、鼻から一気に息を肺活量いっぱいまで吸い込みます。この時、腰を反り返さないようにしないと腰を痛める原因になりますので注意しましょう。

 

5.息をいっぱい吸い込んだ状態から、両手を頭上から真横に開くように一気に振り下げると同時に、口から3秒間かけて一気に息を吐き出します。そして、その後も残っている息を4秒間かけて吐ききるようにキープします。このキープしている時、お腹は固く凹んだ状態です。

 

ここまでで1回、10秒間がロングブレス1の基本です。

 

この基本のロングブレス(その1)を毎回、6回行いましょう。

 

基本のロングブレス方法(その2)

 

ロングブレスダイエット 基本

 

1.体の軸を意識して、背筋を伸ばしながらその場に両足のかかとを揃えてまっすぐ立ちます。

 

2.お尻の筋肉に力を入れて、右手はお腹に、左手はお尻に当て、その状態から鼻からゆっくり3秒間かけて肺活量いっぱいまで息を吸い込みます。この時、お腹に当てた右手で十分にお腹が凹んでいるかを確認します。

 

3.その状態から、さらにお腹を凹ませながら、今度は3秒間かけて口から一気に息を吐きます。続けてお腹に残った息を吐ききる意識で4秒間、その状態をキープします。

 

ここまで1回、10秒間がロングブレス2の基本です。

 

この基本のロングブレス(その2)を毎回、6回行いましょう。

 

椅子に座ったまま出来るロングブレス方法

 

デスクワークなどで椅子に座っている状態でもできるロングブレスのやり方をご紹介します。

 

1.まず最初に、椅子に深く座り、背中を背もたれに付け、背筋を真っ直ぐ伸ばします。両手は椅子の左右の座面を軽くつかみ、両足は閉じてお尻に力を入れ引き締めます。

 

2.その状態からゆっくりと深く、 3秒間かけて鼻から息を吸います。

 

3.今度はゆっくりと10秒から15秒間かけて口から息を吐き出します。

 

ここまでの1連の動作を10回繰り返しましょう。

 

このロングブレスの方法は、常に丹田に力を入れていることを意識して行うことがポイントです。

 

>> ロングブレスダイエットの関連アイテム一覧(楽天)