ロングブレスダイエット方法

ロングブレスダイエットでお腹にくびれができた私のやり方とは?

ロングブレスダイエット くびれ

 

私は、産後7か月の主婦です。

 

妊娠する前は、お腹にもしっかりくびれがあったのですが、出産後はお腹がぽっこりしたままなので、産後の体型戻しのためにロングブレスダイエットを始めました。

 

元々運動嫌いでしたから、ロングブレスダイエット程度の運動量なら簡単にできるし、毎日続けられると思ったのです。

 

しかし、現実はそう甘くはありませんでした。

 

お腹にくびれが復活しました!

 

今、生後7か月の赤ちゃんは、昼間は離乳食で、夜中はまだお腹が空くみたいで夜泣きするので、母乳を飲ませています。

 

そのため、私自身の食べる量が減らせないのと、夜泣きする度に起きるので、ロングブレスダイエットを毎日続ける気力や体力がなくなってきたからです。

 

そんな時に、ネットを見てたら、あるダイエットサプリを見つけました。

 

ロングブレスダイエットだけやるよりも、そのダイエットサプリを飲んでからやる方法に変えたら、みるみる内にお腹にくびれが戻ってきましたよ。

 

 

ロングブレスダイエット方法の基本のやり方とは?

 

ロングブレスダイエットとは、美木良介さんが考案した呼吸法を使ったエクササイズによるダイエット方法です。

 

 ロングブレスでは、強くて長い呼吸を繰り返すことで、深層筋というインナーマッスルを鍛えることができ、それによって筋肉量を効率的に増やして脂肪燃焼効果を高め、リバウンドしにくい体にしていくという効果が期待できます。

 

ちなみに、美木良介さんがロングブレスダイエットを考案したきっかけとなったのは、腰痛の解消のためでした。

 

彼は20年以上にも渡って腰痛に悩まされていたそうで、長時間椅子に座っていることができず、仕事に行くこともできない状態が続いていたそうです。

 

そんな時に、腰痛のリハビリの1つとして、インナーマッスル鍛える腹式呼吸によるリハビリ方法を知り、試してみると思いのほか効果があったので、その腹式呼吸に独自の工夫を凝らして誕生したのがロングブレスでした。

 

 

 

 

>> ロングブレスダイエットの関連アイテム一覧(楽天)

 

そんなロングブレスを使ったダイエットは、背筋を真っ直ぐ伸ばして立ち、お腹を凹ませ、おへその下にある丹田という部分に力を入れます。

 

この丹田は、体のバランスを保つために重要な部分で、こことその周囲を鍛えることで、深層筋のインナーマッスルも鍛えることができます。

 

そして、そのお腹周りを中心としたインナーマッスルが引き締まることで筋肉量も増え、体にたまった内臓脂肪や皮下脂肪などを効率よく燃焼させることができるため、ダイエットに良いと言われています。

 

ちなみに、人間が1日に消費するカロリーは、筋肉量に比例する約6割の基礎代謝であるそうです。

 

つまり、体重が同じでも筋肉量が多い人と少ない人では、筋肉量の多い人の方がカロリーを消費しやすいのです。

 

 このロングブレスは、誰にでも簡単に出来るエクササイズだけで身体そのものの基礎代謝量がアップし、消費カロリーが増えるので、決して激しい特別な運動などをする必要はなく、自然と体重が減っていくため、中高年に多い内臓脂肪のダイエットにもなる方法です。

 

 

実際に、このロングブレスダイエットを考案された美木良介さんは、腰痛持ちだったために運動も出来ず、肥満だったそうです。

 

しかし、ロングブレスを始めるようになってから、約2か月ぐらいで体重が一気に13キロも減少し、あれだけ長年悩んでいた腰痛も解消できたそうです。

 

そして、ロングブレスの効果はお腹周りのインナーマッスルを鍛えることで、ウエストも引き締まり腹筋も強くなりました

 

さらに、ロングブレスで息を一気に吐き出す時に、顔周りの筋肉も使うので、フェイスラインもすっきりしてくるそうですから、小顔効果もあるようですね。

 

 

 

ロングブレスダイエットはいつやると1番効果的か?

 

ロングブレスダイエット いつやる

 

人間は寝ているときが身体の代謝が高まっているため、朝起きてからすぐの時間帯に代謝を上げるような運動するのが1番効果的だそうです。

 

なので、ロングブレスダイエット方法も朝起きてすぐにやるようにしましょう。

 

朝起きてすぐにロングブレスをやれば、顔のむくみも取れ、内臓の働きも活発になりますので、食後のお通じもよくなります。

 

また、朝一番に体の隅々まで血液の巡りが良くなると、新陳代謝も良くなりますので、カロリーを消費しやすくなり、さらに冷え性にも効果があるようです。

 

 

でも・・・

 

思ったほど、痩せなかったです。

 

 

そこで私は、ファンケルの大人のカロリミットを飲んでから、ロングブレスダイエットをすることにしました。

 

普通のカロリミットと比べて、大人のカロリミットには食事の糖分や脂肪の吸収を抑えて、食後の血糖値と血中中性脂肪値の上昇を抑える機能があります。

 

また、このサプリを飲んでいる方が育児疲れをあまり感じませんでした。

 

そのため、ロングブレスダイエットだけやるよりも、大人のカロリミットを飲んでやる方法のほうが、痩せやすかったですよ。

 

>> 大人のカロリミットの詳細はこちら

 

 

 

 

ロングブレスという呼吸法が体にいい理由とは?

 

ロングブレスという呼吸法は、 3秒間かけてゆっくり鼻から息を吸い、また3秒間かけて一気に口から息を吐きます。そして残りの息を4秒間かけて吐き続けるという呼吸法です。そんなロングブレスによる深くて長い呼吸は・・・

 

続きを読む >>

 

ロングブレスダイエット方法の基本のやり方をマスターしましょう!

 

まず最初に、背筋を真っ直ぐ伸ばしながら顔を正面に向け、その場に両足のかかとを揃えて立ちます。次に、お尻の筋肉に力を入れて、お尻がキュッと締まって固くなっていることを両手で触って確認しながら・・・

 

続きを読む >>

 

ロングブレスウォーキングと基本の歩き方をご紹介します。

 

ロングブレスダイエット方法には、基本のやり方の他にもロングブレスウォーキングという方法があります。特にロングブレスでダイエットをより効果的に成功させるには、このウォーキング方法も・・・

 

続きを読む >>

 


[↑]このページの先頭へ